インドの武道の起源

インドの武道の起源

インドの武道の起源 インドの現代写真は、しばしば困難、病気、そして進歩の欠如の写真を描いています。それにもかかわらず、17世紀初頭に英国の植民地規制が導入されるまで、インドは実際には世界で最も裕福な国でした。クリストファー・コロンブスは実際にインドの富を通して引き込まれ、インドを探求し続け、アメリカに上陸し、インドにとどまっていると信じていました。彼は先住民族のアメリカ人、インド人と呼んでいました。 インドそのような独自の長い背景 正確に同じように、すぐに明らかにならないのは、紀元前3000年にさかのぼる独自の長い背景など、実際にはインドの賞品です。また、実際には仏教を含む、独自の大規模な思慮深い機関もあります。インドは実際には仏陀の出生地です(紀元前563年に出生地のシッダールタゴータマ)。インドが地球に向けて提供していることは、実際にはさまざまです。たとえば、インドは数値体、代数、微積分、三角法を作成しました。ナビゲートの優れた技術は、実際には約5000年前にシンド川で生まれました(ナビゲートという言葉は、実際にはサンスクリット語のnavagatihに由来しています)。 インド人は実際にビジネスをしています インドの古い世界は、世界最大の山脈であるヒマラヤ山脈のために、北に囲まれた劇的に境界を定められた亜大陸で成熟しました。ヒマラヤ山脈は、東と西に向かって独自に拡大し、残りの地域からインドを分割します。世界とオーストラリアまたはヨーロッパ。それにもかかわらず、障害はまったく乗り越えられないものであり、各入植者と投資家が実際にインドへの不毛のパスと同様に高いパスを超えて彼らの方法を実際に発見した期間は何であれ、インドは実際に彼らをもたらしましたまったく同じ道のりで、ビジネスだけでなく社会も彼女のフロンティアを超えました。 そのような例の1つは、実際には、マンダリンの巡礼者である玄奘(c。AD 600-64)であり、629A.装飾でインドに旅行した彼の機会の絶対的に最も著名な仏教学者の1人でした。また、16年間滞在し、徹底的に旅をし、他のさまざまな歴史家との会話、イベントの経典、再生に向けたメッセージを続けました。カーンチープラムでは、彼は地域のマスターの相棒であることになり、彼との取引は、実際には、彼が行った直後に開発された聖地で彫刻されました。 インドの影響について話し合った マンダリンの戦闘スタイルに対するインドの影響については、実際に多くのことが実際に議論されてきました。いくつかは真実であり、いくつかは実際には証明されていません。たとえば、達磨が中国に向けてインドの戦闘スタイルを提示したという学術的合意はありません。インドから中国に向かう観光客のリストは達磨に限定されていませんが、さまざまなベンダーだけでなく、Ajitasena、Amoghavajra、Buddhapala、Bodhivardhanaなどのさまざまな仏教の歴史家もいます。インドが実際に北京語の戦闘スタイルに直接的な影響を及ぼしている場合、菩提達磨のような1人の観光客だけに関係する場所に対しては実際には不正確になります。それにもかかわらず、それは中国に対するインドの影響が実際に巨大であったことを述べることなくします。最近の中国大使である胡適は、「インドは、これまでにない20世紀の間、中国を文化的に支配し、支配していた。彼女の境界を越えて孤独な兵士を派遣する必要がある」。実際のところ、何世紀にもわたってインドの視点と社会​​は、中国、ビルマ、チベット、ネパール、インドネシア、マレーシア、タイ、そしてインドシナ全体に多大な影響を及ぼしてきました。 神話は実際、インドの文学作品やライフスタイルのあらゆる側面に大きな影響を及ぼしてきました。それ自身の背景の始まりは、実際には同様に神話の外国語で頻繁に描かれているだけでなく、それ自体の戦闘スタイルの始まりも実際に同様に神話の外国語で頻繁に描かれていることは言うまでもありません。 インドの戦士の芸術 ヨギの神シヴァを通して、実際に禁欲的な瞑想の賢者(リシ)に与えられました。シヴァは実際には恐ろしいルドラからなるさまざまなラベルを通して理解されています。彼の伴奏は実際には、シャクティ、カーリー、ウマなどのさまざまなレーベルを通じて同様に理解されているサイレンのパールヴァテ​​ィーです。プラーナと呼ばれる聖書のメッセージによると、シヴァの体の家は、現在チベットの高原にあるマナサロヴァル池の近くにカイラサを設置するために行きます。芸術を把握した後、リシはさまざまな庵を開発し、シヴァからイニシエーションに値する人々(入門)に向けての壮大な理解を伝えました。弟子(ししや)は実際に徹底的に選ばれ、実際に始められるように厳しい要件を満たす必要がありました。貴族のサインがない民間人は、実際に指示されることはありません。 「石鹸と一緒に、石炭を簡単に白くすることはできません」と、有名なインドの神秘的な聖人であるカビールは述べています(1440年頃の装飾)。 さまざまな庵が実際に年をとるにつれて開発されました、 これは、知識に向けてスタートを指示する責任がありました。庵は弟子の学問的教育全体に責任がありました。扱われた主題は、実際には、通常の優れた調理法に対する視点と同じくらい難解でした。戦闘芸術(Kshatriya Vidya)は、実際にはGurukulasまたはRishikulas(通常は森林にある把握の庵)で指導され、Acharya(インストラクター)またはRishiでさえ実際に戦闘スタイルで経験されました。把握(専門家)は実際に最後の知識を達成し、宗教的卓越性(シッダ)の頂点に到達したはずです。実際にシッダであることに加えて、戦士の研究研究の内部終端(ヤグナ)で同様に自分の体のシステムを作り上げたものは、実際にはクシャトリヤシッダエキスパート(精神的に洗練された戦士の把握)と呼ばれていました。